子どもとプラ板で作ってみた

 

こんにちは。

小2の長男とプラ板で遊び、マグネットやキーホルダーを作ってみました。

プラ板とは?

プラ板遊び(プラばんあそび)とはプラスチック板に絵を描いてオーブントースターなどで加工・固定化する、1980年代 – 1990年代前半にかけて小学生の間で流行った遊び。…Wikipediaより

なのですね。

実は私がプラ板を知ったのは、ここ1〜2年なのです。

長男が学童クラブでよく作っていて、それで初めて知りました。

流行ったとされる時期はどっぷり小学生だったのに、なぜかその存在を知らずに育ちました(´∀`;A

また、義妹が可愛くてクオリティ高いものを作っていて。(*•ω•*人)♡

教えてもらいながら作ってみました。

スポンサーリンク

プラ板は100均で手に入る!

これ、結構びっくりでした。

そもそもプラ板てどこに売ってるの?という感じでしたが、まさか100均で手に入るとは。

プラ板、レジン液、油性ペンや色鉛筆、ポスカなど描くものがあればできてしまいます。

ポスカ以外は100均で買えますね(*´艸`*)

プラ板

プラ板、油性マジック、UVレジン液は100均。ポスカ(カラーペン)はネットで購入。

透明なプラ板や半透明なプラ板、また厚さもそれぞれ商品によって少しずつ違うようです。

半透明なプラ板は、クレヨンや色鉛筆で描けて、柔らかい感じに仕上がります。

スポンサーリンク

 

出来上がったプラ板のマグネットとキーホルダー

プラ板に描くものは自由!

フリーハンドで描いたり、イラストや画像を写したり、模様を描いたり。

息子は国旗を描きたい!とのことで、国旗を描くことに。

サッカーのFIFAランキングを見るのが好きで、サッカーのランキング上位の国の国旗にしたようです。

油性ペンでとポスカを使って出来たもの↓

プラ板

サイズも形もバラバラだけどそれもいい味に(๑˃̵ᴗ˂̵)

プラ板もフリーハンドで切るという適当ぶりでしたが、集めると結構かわいい。

UVレジン液で表面をつるつるに仕上げています。

ちなみに、UVライトは安くてコンパクトなものを購入してみました。初UVライト!

 

作ってみたものの、キーホルダーにするには穴も開けてないし、小さすぎるし、どうしようかな〜と考え、磁石をつけるだけのマグネットにしてみました。

マグネットやストラップも100均で♪

100均で買ったマグネットをくっつけて出来上がり٩(ˊᗜˋ*)و

完成!:*:・(*´ω`pq゛

プラ板 マグネット

 

一方、私はネットで画像を選び、プラ板にペンでなぞり。

描いたのは、ムーミンママの後ろ姿!

モノクロで手描きの感じが可愛くて(*´艸`*)

このチョイスに、夫からは、シュールだと言われました(笑)

こうして見ると、枠がガタガタですね…σ(^_^;)

 

息子も手描きでオニオオハシを。

オービィ横浜に行った時に出会い、それが印象に残っていたようで。

スマホの画像を見て描いていました。

プラ板

どちらもパンチで穴を開けて、ストラップをつけることにしました。

 

完成\\\\٩( ‘ω’ )و ////

スポンサーリンク

 

さいごに

ハマると楽しいプラ板!

今回ら工程は載せられませんでしたが、プラ板は熱を加えると縮んで1/4ほどのサイズになります。

加熱方法はオーブントースターやオーブンで。

私の場合、オーブントースターではうまくできなかったため、オーブンを使っています。

絵を描いたプラ板が、オーブンの中で熱でくしゃっと丸まって、縮みながらまた平らになっていく工程を見るのがなんともおもしろいです!

そして、自分の描いた絵が縮小されてより細かなタッチになり、それもまた可愛い♪

あまり外出もできないこの頃、おうちでプラ板遊びもよいかもですね(*˘︶˘*).。.:*♡

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。