秋の虫探しとどんぐり拾い

こんにちは。

朝晩、涼しいというか寒いというふか冷え込むようになり、気づけば外を歩く人の服装もすっかり秋。

夏場は一瞬で乾いていた洗濯物も急に乾きが悪くなり、暗くなる時間も早くなり、このところ急激に秋を感じるようになりました。

先日、子どもたちと一緒に行った公園も秋の装いでした。

スポンサーリンク

秋の公園で虫探し

長男は昆虫大好き。

今年の夏も昆虫採集に励みました(๑´罒`๑)

カブトムシ・クワガタを捕ったり、夏休みの昆虫展や常設の昆虫館へ通ったり…

時間があると「公園行きたい!虫探しに行きたいー!」と言うのがお決まり。

秋になった今は草っ原にいる昆虫を見つけに出かけることが多いです(о´∀`о)

 

この日はカマキリを探しに。

公園には背の高い草が茂っている場所があって、そこをひたすら歩きながらカマキリを探します。

 

出会った秋の虫たち。

トンボがたくさん飛んでいました。

これはシジミチョウというらしいです。

一緒にひたすら探しまくるので、おかげでバッタを見つけるのが上手くなった気がします笑

ショウリョウバッタ、どこにいるかわかりますか?

正確はここ↑↑   写真が小さくてごめんなさい(^_^;)

ショウリョウバッタが一番多かったです。

このほかにも、イナゴもたくさんいました。

残念ながらカマキリは見つからず・・・

でも思う存分探せたので満足そうでした。

 

写真だと寂しげに見えるかもしれませんが、公園の昆虫ポイントには常に虫かごや虫捕りあみを持った虫好きであろう子たち(ほぼ男の子!)がたくさんいます。

そんな子たちを見ると、みんな昆虫好きなのね〜と勝手に仲間意識を持ってしまいます 笑

スポンサーリンク

秋の恒例 どんぐり拾い

虫探しが行き詰まってきたところで、今度はどんぐり拾いへ。

どんぐり拾いは小さい子でも楽しくできてよいですよね。

3歳の次男は虫にはあまり興味がないようで、虫探しの最中は草っ原の中を寝転がって遊んでいましたが、どんぐりは夢中になって拾っていました(*´˘`*)

今まで拾っていたのはよくある長細いどんぐり。

でもどんぐりって他にもいろいろ種類があるんですよね。

つんつん帽子。

しましま帽子。

まあるいの、細長いの、小さいの、いろいろありました。

どんぐりってかわいい。

いろいろな形のどんぐりを拾ったので、しまじろうの教材の本で種類分けしてみました。

今回はまあるいどんぐりが多かったです。

ちなみに、どんぐりを保存するには「茹でる」か「冷凍」するのがよいらしいです。。。

スポンサーリンク

おまけ・虫になりきった夏

夏に「オービィ横浜」に行ってきました。

というのも、その中のマルチスペースで期間限定の「昆虫すごわざ展」(※現在は終了しています)が開催されていたので、それを目当てに(๑•̀ㅂ•́)و

「昆虫すごわざ展」では、昆虫になりきることができました!

セミになりきって木の上で鳴いたり

カマキリになりきって獲物を捕獲したり

バッタになりきってジャンプしたり

昆虫好きにはたまらない企画ですね(*´艸`*)

2018年7月1日〜9月30日まで開催(好評のため10月14日まで延長されました!)

昆虫の世界を体験…すごく楽しかったです♪

また来年もやってほしいな〜

スポンサーリンク

*

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。