KINTOトラベルタンブラーが使いやすくてお気に入り♪

KINTO travel tumbler

 

かれこれ4年くらい使っていたサーモスマグボトル(ちなみに現在は廃盤…)が、ついに剥げてきてしまいまして(;o;)

サーモスのマグボトル、機能的には全く問題なかったのですが、コーティングが剥がれてカバンの中に剥がれたピラピラが散乱!!!(゚ロ゚ノ)ノ

始め、何のゴミかわかりませんでした、、、

これはもう買い替えなければならないレベル。

とういことでマグボトルを買い替えです。

 

スポンサーリンク

 

KINTO トラベルタンブラー

今年の夏に発売されたKINTOのトラベルタンブラー。

マグボトルを探していたところ、目に留まったのがこのタンブラー。

KINTO travel tumbler

今まで見たことのないビジュアル(*⁰▿⁰*)

まずはこのシンプルでかわいい見た目にやられました(*’ε`*)

色は、ステンレス/ホワイト/レッド/カーキ/ターコイズ/ブラックの6色展開。

迷わずホワイトにしました。

 

そして、機能性も◎です。

本体はステンレスの二重構造で、保温・保冷効果があります。

最近は温かい飲み物を入れて持ち歩くことがほとんどですが、保温効果はバッチリです。

 

KINTOトラベルタンブラーの使い心地がよいと感じたところはこんなところです↓↓

 

コップのような飲み心地!

凹凸がなく、360°フラットになっていて、どこからでも飲める構造になっています。

KINTO travel tumbler

 

口が広いのでまるでコップで飲んでいるかのような口当たりなのです。

「360°どここらでも」というのも、実は大きいポイントだなぁと思いました(*˘︶˘*)

ちょっとしたところがストレスフリーに繋がっているのですね。

今までのマグボトルはワンタッチで蓋を開けて片手で飲めていたので、蓋を回して開けるタイプだと面倒なのかな…?と思いましたが、個人的には全く問題ありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

飲み物が一気に出てこない!

中蓋のようなものがついていて、飲み物が一気に出てこない構造になっています。

KINTO travel tumbler

蓋を開けると、このように中蓋があります。

中蓋のおかげで、氷が口に当たることも、熱い飲み物が勢いよく出てくるとこもありません!

 

洗いやすい!

口が広いので、本体の中が洗いやすいです。高さもそれほどないのでスポンジを入れて洗うことができます。

分解しても、どれもシンプルな作りなのでお手入れも楽ちんです♪

すべてのパーツ。

ほぼ毎日使っているので、これはうれしいポイントです。

 

コンパクトなサイズで持ち運びやすい!

私が購入したのは、

サイズ:φ70mm x H170 mm

容量:350ml

重量:235g

コンパクトな作りになっています。

350mlってどれくらいかというと、紙コップ約2杯分です。

バッグに入れて、オフィス・お出かけ時に持っていってます♪

 

他に500mlのサイズもあります。

表面はキズがつきにくいコーティングがしてあります。

とはいえ、きれいに使っていきたいので、バッグの中ではカバーをつけたいな、と思ってます(*´˘`*)

 

*

ということで、かなり気に入っているKINTO  travel tumbleでした♡

 

 

スポンサーリンク

 

*

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました☺︎

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。