苔のテラリウムをメンテナンス

苔のテラリウム

こんにちは。

一年半ほど前に作った苔のテラリウムですが、あれから元気に育っています。

苔のテラリウム

こちらは以前作ったテラリウム。(当時のもの)

以前の記事はコチラ↓

瓶の中の小さな世界、苔のテラリウムを作りました

 

手入れという手入れはしておらず、ごくたま〜に瓶の蓋を開けてみたり、コケが伸びて茶色くなってしまったところをカットしてみたり。やったことはそのくらいです。

ある時、瓶の蓋を開けようとしたところ、蓋が固くてなかなか開かず、力を入れたら勢いよく蓋が開き、その衝撃でテラリウム内が崩れてしまいました(・・;)

中身がぐしゃぐしゃになってしまったので、この機会に作り直すことにしました。

 

スポンサーリンク

 

新たに苔のテラリウム用グッズを購入

今まで縦長のガラス瓶2つで作っていましたが、瓶の口が狭いため、コケをカットしたり、位置を直したりの作業が少し大変でした。

前に、園芸店でテラリウム用のスクエア型のガラスの容器を見つけて、箱型になっていて手入れがしやすそうだし、形もシンプルで素敵だなぁと思っていたのですが、今回ネットで見つけて購入。

その他、コケ、専用の土、天然石も一緒に購入しました。

コケは、ヒノキゴケしかなかったので、芝生をイメージしてホソバオキナゴケを。

そして、土は苔のテラリウム専用の土で、これだけ敷けばOKという便利なものです。

ガラス容器は、上から見ると8㎝角の正方形、高さは約7㎝、すべての面が透明なガラスです。ガラスの蓋を被せるだけなので、手入れ簡単そう。

天然石はわざわざ買わなくてもいいかなと思ったのですが、外に出る機会もなかなかないし、早く作りたかったのでついでにポチッとしてしまいましたσ(^_^;)

 

 

苔のテラリウム作りは簡単!

今回、子どもたちとせわしなく作ったので、工程を写真におさめることができずでした^^;

完成したものがこちら↓

苔のテラリウム

ヒノキゴケとお家とカバは前と同じもの。

 

苔のテラリウム

横からの画。下に敷いた白い砂利も前に使っていたものです。水辺は青いパワーストーンで表現してみました。

 

ガラスの蓋を開けると口が広いので手入れしやすそう!

 

苔を敷く作業も簡単なので、子どもと一緒に楽しめます。

階段の窓辺に飾っています。

 

やっぱりこの小さなグリーンの世界ってかわいいですよね(*˘︶˘*).。.:*♡

 

スポンサーリンク

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。