瓶の中の小さな世界、苔のテラリウムを作りました

こんにちは。

先日、とあるワークショップで子どもたちと一緒に『苔のテラリウム』を作りました。

初めて知った『苔のテラリウム』のこと。

小さな瓶の中に広がる小さな世界にワクワクして、ハマりそうです(๑´罒`๑)

スポンサーリンク

苔のテラリウムとは

テラリウム=ガラスなど透明な容器で植物などを育てること。

苔のテラリウムは、ガラス瓶などで苔を育てることです。

「コケリウム」とも言うようですね(ᵔᴥᵔ)

小さな瓶で育てられるので、手軽に緑を楽しむことができます。

また、瓶の中で、苔を森に見立てて動物や人のミニチュアやジオラマを飾ったり、遊び心もありつつ緑も楽しめます♪

 

苔のテラリウムを作ってみました

ワークショップで作り方を教えていただきました。

小1の長男はひとりで、3歳の次男は私と一緒に作りました。

以下、教わった初心者向けの手順です。

(備忘録として。ザックリですが^_^; )

 

苔のテラリウムの作り方

◆必要なもの

・ガラス瓶

・土、砂利、石(テラリウム用)

・水

・苔

・装飾用のミニチュアなど

 

◆作り方

①瓶の中に土を入れる。

②①に土がひたひたになるくらい水を入れ、土に水が染み込んだら、瓶を傾けて余計な水をスポイトで吸い出だす。

③苔(今回はヒノキゴケ10本)を束ねて、茎をハサミで切りそろえる。

④瓶の中の土にピンセットで穴をあける。

⑤③の苔をピンセットで挟み(この時にピンセットの先を出す)、土にあけた穴に植え込む。

⑥②にお好みで砂利、石を敷く。

⑦フィギュアなどの装飾品を飾る。

以上で…完成!!:*:・(*´ω`pq゛

苔のテラリウム

左が長男、右が次男の作品(๑´罒`๑)

瓶の高さは蓋を含めて10㎝くらいです。

中の装飾品も自分たちで選び、長男はカバを、次男はお家を飾りました(*´˘`*)

上から見ると…カバの背中が(๑´罒`๑)

一年生の長男は全部ひとりで作ることができました!

所要時間は20〜30分程。

瓶の中に入れるフィギュアが小さくてかわいくて、それを選ぶのも楽しかったです♪

 

◆手入れ方法
【置き場】

直射日光が当たらない明るい室内

【水やり】

・2〜3週間に一度、苔全体に霧吹き(乾燥は厳禁!土が湿っている状態を保つ)

・密閉度の高い瓶の場合は3〜6ヶ月に一度の水やりでよいとのこと(びっくり!)

・夏場など暑い時期に長期家を空ける時などは冷蔵庫保管できる

【その他メモ】

・苔が伸びてきたらメンテナンス(カット)

・湿度が高いため、カビが生えてきてしまうこともあり…(´Д`)ドキドキ

・2年を目処に植え替えする

・たまに蓋を開けて換気するとよい

スポンサーリンク

インテリアにも溶け込む苔のテラリウム

持ち帰ったテラリウムは、瓶の中を整えて(少し崩れてしまったので)家に飾りました。

兄のテラリウムは洗面所の棚に。

 

弟のテラリウムは階段の小窓に。

この場所が的確なのかはまだよくわからないので、様子を見ながら大事に育てていきたいと思います(*˘︶˘*)

スポンサーリンク

*

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。