ロマンスカーで子連れ箱根の旅② 〜箱根ゴールドコースを逆回りで満喫!〜

 

こんにちは♪

前回の箱根旅行の続きです⑅◡̈*

1日目は、芦ノ湖〜大涌谷〜強羅(宿泊地)まで巡ります(▰˘◡˘▰)

ロマンスカーで子連れ箱根の旅③ 〜箱根ゴールドコースを逆回りで満喫!〜

2017-04-12

ロマンスカーで子連れ箱根の旅①〜箱根ゴールドコースを逆回りで満喫!〜

2017-04-05

スポンサーリンク

ずっと訪れたかった関東のパワースポット箱根神社

ランチの後は、箱根神社へ。

これは私の希望です(๑´罒`๑)

元箱根港から参道入口まで徒歩で10分くらい。

子連れだったので、のんびり芦ノ湖畔を散策しながらでしたが、15分くらいで参道入口に着きました。

元箱根港から箱根神社へ散策の途中

箱根神社 参道入口

 

本殿までは階段を登って行きます。

これがなかなかの階段。いい運動になります。

参道が緑に囲まれていて清々しい。

1歳11ヶ月の弟も自力で登りました。帰りも抱っこと言うことなく歩きました。がんばった!

本殿で参拝して、御守りを買い、箱根神社を後にして次の目的地へ。

箱根神社

 

芦ノ湖を巡る海賊船で元箱根港から桃源台港へ

箱根には乗り物がたくさんあり、それを楽しむのも醍醐味です!

次は、元箱根港から海賊船で芦ノ湖を縦断、桃源台港まで行きます。

箱根海賊船の元箱根港乗り場は、ランチをしたベーカリー&テーブルのすぐ下です。

 

日曜日だったこともあり、出航時刻20分前で結構な行列ができていました。こんな人数入りきるの⁈というくらい混雑していましたが、無事乗船。

デッキにも出られます。

が、3月とはいえ湖上は極寒でした(´Д`|||)

暖かい時期は気持ちいいだろうな〜景色もいいだろうな〜と思いながら。

寒いのと、デッキは大混雑だったため、私たちはすぐに船内に入り、窓越しに外の景色を楽しむことに。

30分ほどで桃源台港に到着。すぐにロープウェイに乗ります!

 

ロープウェイで桃源台から大涌谷へ

ロープウェイの列に並んでいたら、一番先頭に٩(ˊᗜˋ*)وラッキー‼︎

席が選べたので、進行方向側の前方席に座りました。

が!しまった!!(゚д゚屮)屮

景色的には、芦ノ湖を望める後方席の方がよかったかもσ(^_^;)

と、動き始めてから気づく…。

前方はこんな景色です↓

紅葉の季節はまたきれいだろうな〜

ちなみに、高さとかあまり感じなかったです。

桃源台駅から大涌谷駅まで約16分。小さい子でもなんとか飽きずに過ごせる時間で助かります。

 

そして、次の目的地、大涌谷へ到着٩(ˊᗜˋ*)و

大涌谷

火山がつくりだした大迫力の景色。

さっそく大涌谷名物の黒玉子を買って食べました♪

これも密かな目的でした(*´艸`*)

大涌谷名物 1個で寿命が7年延びるという縁起物の黒たまご!

やっぱりほかほかの黒たまご、美味し〜い♡

お兄ちゃんはあまりの美味しさに2個、弟もペロリと食べてしまいました。

(この時以来、弟はゆで卵が好きになったようで、朝ごはんに出すと真っ先にペロリと食べます(๑´罒`๑) )

大涌谷では、黒玉子を食べて、周辺を少し歩いて、次の目的地の強羅へ向かいます!

 

ケーブルカーに乗って早雲山から宿泊地の強羅へ

大涌谷駅から早雲山駅までロープウェイが運休だったため、代行バスで早雲山駅へ。(代行バスがなかなか来なくてしばらく並びました。さすが大涌谷、、、極寒…)

無事に代行バスに乗車でき、早雲山駅に到着。

そこからケーブルカーで強羅駅へ向かいます。

初めて見るケーブルカーにお兄ちゃんは興味津々॰ ( ¨̮ ) ॰(ホームが混雑していて写真撮れず…)

早雲山駅から強羅駅まで10分ほどで到着!

 

子連れにうれしい宿!箱根強羅温泉旅館「季の湯 雪月花」

本日の宿『箱根強羅温泉 季の湯 雪月花

立地は強羅駅目の前でとても便利!

館内やお部屋の雰囲気も素敵で、温泉も癒されました♡

他に気に入ったところはこんなところ↓

・全室露天風呂付き。

・ベッドの高さも低く(マットレスという感じ)、子どもも安心。(2人とも何度か落ちていました(^^;

・浴衣、作務衣を選べる。子ども用の作務衣も80センチからあります。

・時間帯によって、大浴場の前でヤクルト・アイスキャンデーを無料でいただける。

 

食事は部屋ではなく、夕朝ともに食事処で。

部屋食の方が子連れには助かりますが、食事処でも十分に楽しめました。キッズメニューもあり助かりました。

また泊まりたいと思える宿でした★

>>箱根強羅温泉 季の湯 雪月花の公式サイトはこちらから

 

次回へ続きます…

本日も最後までお読みいただきありがとうございました☺︎



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。