飯能にある北欧テーマパーク『メッツァビレッジ』空中アスレチック-ファンモック-で遊ぶ!

こんにちは。

前回の記事では、メッツァビレッジがどんなところなのかを書きました。

今回はそのつづきです。

飯能にある北欧テーマパーク『メッツァビレッジ』はどんなところ?

2020-11-11

メッツァビレッジでは、北欧の雰囲気の中でゆったり過ごすのもおすすめですが、実は思い切り飛び跳ねて全身運動ができる施設もあるんです。

動き回りたい子どもや運動不足の大人にうれしい空中アスレチック「ファンモック」もおすすめです!

大人も子どもも遊べる!空中アスレチック『PANZA宮沢湖 ファンモック』とは?

メッツァビレッジ内にPANZA宮沢湖の「ファンモック」があります。

「ファンモック」とはFun(楽しい)とHammock(ハンモック)からくる、フランスのグロワ島発祥の空中アスレチック。

森の中に巨大なネット!

ファンモック

フランスから職人さんがきてファンモックを作ったそうです。

宮沢湖畔の森の中に張り巡らされたネットの上で飛んだり跳ねたり寝転んだり。

事前予約制かつ入場制限もしているので、密になることなく遊べますよ♪

 

ファンモックの利用料金は?

メッツァビレッジ内にあるけど、ファンモックは有料です。

コースは、一日コース、90分、60分、のコースがあります。

■利用料金

コース 料金 こんな方に◎
一日コース(1day フリーエントランス)

★人気!

3,000円 終日何度でも出入り自由!

メッツァビレッジをフルで満喫したい方に◎

90分コース 2,000円 ガッツリ長く遊びたい方に◎
60分コース 1,500円 まず試してみたい方、小さいお子様連れの方に◎
子供(3〜6歳) 1,000円 全コース一律料金

大人の同伴が必須です

幼児 無料 小さいお子様はちょっと怖がってしまうかも…

2歳以下のお子様には専用のスペースがあります

 

ファンモック体験レビュー!

私たちはとりあえず90分コースを予約しました。

予約制なので時間が決まっているのと、入場前にスタッフさんから利用説明があるので安心して遊べます。

入口に無料ロッカーもあり、手ぶらで遊べて助かりますね。

早速入場!

大きなトランポリンみたいにただ飛び跳ねるだけだけど、なかなか体力要ります!

大きなネットなので、他の人が跳んだりしてるだけで波打つネット。その上を歩くだけでもすごい運動です。

(私は最初の5分で、もう30分くらい遊んだ感覚でした^^; )

5歳の次男は最初少し怖がっていましたが、すぐに慣れてぴょんぴょんo(^_^)o

 

小3の長男は最初から飛ばしてました(๑´罒`๑)

 

ネットの階段を上がって(これが結構怖い^^;)、

ネットの滑り台で滑る!(思ったより速い!)

 

疲れたら、休憩スペースもあります。

ネットから出ると、

キャンプをしているようなスペースがあったり、

フォトスポットもありました(ちょうどハロウィン前でした)

90分跳びっぱなしはさすがに疲れました( ̄▽ ̄;)

でもいい運動!子どもたちも汗だくで楽しんでいました。

あと、途中水分補給は必須です。

 

まとめ

メッツァビレッジ内にある空中アスレチック「ファンモック」は、大人も子どもも一緒に全身運動できる楽しい施設!

森の中で、自然に囲まれて気持ちがいい施設!

ストレス発散にもなりました(๑´罒`๑)

子どもたちも気に入り、またすぐ行きたい!とのこと。

楽しかったです♪

お出かけレポを書いている中、新型コロナ第3波 というニュースも目にし、感染者数もかなり増えている状況となっています。

これからどうなっていくのか不安です。。

感染対策をしっかりして、どうか安全に過ごせますように。





スポンサーリンク

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。