おうちで桜を育てたい!旭山桜を購入!

旭山桜

 

桜を育ててみたいと思いながら、数年経ち、、、

ついに桜を購入しました!

今年は、次男が保育園を卒園、4月には一年生になります。

ということで、記念に♡

うまく咲かせることができるだろうか・・・

不安ではありますが、頑張って育てたいと思います!

 

旭山桜

「旭山桜」という小ぶりな桜です。青山フラワーマーケットで購入しました。

■品種: 旭山

■樹高: 低木

■花形: 八重咲

■花色: 淡紅

旭山桜は4月に花を付けます。あまり大きくならずコンパクトに育ち、盆栽や鉢植えに向いている桜です。

上手に育てられれば、新緑も楽しめ、来年も桜の花を楽しめます。(願わくば毎年桜を楽しめたら…最高!)

青山フラワーマーケットにはかわいいお花がいっぱい♡

 

旭山桜の育て方

そんな鉢植えの旭山桜の育て方とは・・・

置き場所

日が当たる風通しの良い戸外がよい。

室内でも育てられるけど、戸外の方が良いらしいです。寒さに強いので戸外で越冬できます。

木にしっかり四季を体感させてあげることが大切とのこと。特に冬は寒いところでしっかり落葉させることで、春にきれいな桜が咲くようです。

小さくても、私たちが日頃親しんでいる桜と同じですね(▰˘◡˘▰)

 

水やり

水を好むので乾燥に注意。

春〜夏はたっぷり、秋〜冬は夏ほどではないけど乾燥しないように水やりを。

【目安】

・春の芽だし頃: 1日1〜2回

・夏:1日2〜3回

・冬:2〜3日に1回

 

特に開花中と夏場は水切れさせないように要注意とのこと!

また、暑い時期は葉水(霧吹きなどで葉に直接水を吹きかけること)してあげると、葉の乾燥防止や害虫予防に効果的だそうです。

 

肥料

花後から10月頃まで、毎月定期的に肥料をあげる。(但し、8月の真夏は必要なし!)

肥料は固形肥料でOK。

しっかり施肥してあげることで、花付きもよくなります。

 

花がら摘み

咲き終わった花はこまめに取り除く。

翌年の開花のために必要な花がら摘み。

花がら摘みをすると、新しい花が付きやすくするなり、病気や害虫も発生しにくくなります。

花が実を付ける前に行います。

 

剪定

花後の5月頃に軽く剪定をする。

伸びた枝があれば、枝元から2〜3節残して枝を切り落とす剪定という作業を行います。

剪定は、よく消毒したハサミで、枝に垂直に。

切り口から雑菌が入り込むのを防ぐために、切り口には防腐剤をぬります。

 

わが家の旭山桜

お店で売られていた状態のビニールの鉢から、3号の鉢にそのまま植え替えました。

旭山桜

前に購入していたKINTOのプラントポット。3号鉢がぴったりでした!

室内で…と思っていたけど、よく調べると、室外の方が桜にとって良い環境だということがわからりました。

外の寒さにさらすことで、より綺麗な花を咲かせる。。。

とりあえずベランダで育てることにしました。

わが家にやってきて約1週間経った状態↓

旭山桜 鉢植え

枝の先に緑の芽が出てきました!

無事に花を咲かせたら、少しだけ家の中で鑑賞できたらいいな♪

今年もお花見はできなそうだから、おうちの中でお花見できたら最高だな(▰˘◡˘▰)

今後の経過はまたこちらに書きたいと思います!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください