廊下のクローゼット*ざっくり中身

 

ここ最近の寒さで体調を崩したのか、子どもたちが変わりばんこで高熱を出しダウンしてしまいました(>_<)

インフルエンザか⁈(゚д゚屮)屮と覚悟しましたが、2人とも風邪とのこと。ちょっぴりホッ。

でも、いつもの元気がないとやっぱり心配…

そして、今週は仕事も早退と休みを繰り返し、まともに出勤できていなくて。。

そんな時にいろいろと葛藤があります。。。(°_°)(_ _)(*゚‐゚)

*

…話がそれてしまいましたが、

今日は廊下のクローゼット収納についてです(*゚∀゚*)

 

スポンサーリンク

 

クローゼットの中身、ざっくりと

キッチンから浴室への通り道、廊下部分に(廊下というほどのものでもありませんが^^;)、クローゼットがあります。

シューズクローゼットと同じ扉。

わが家のクローゼットは全てこの扉です。

こちらには、本、アルバム、書類、レター、薬、小型家電、コード、消耗品ストック…などなどたくさんのものを収納しています。

中はざっくりこんな感じです。

主に使っているのはおなじみの無印のポリプロピレンケース、そしてファイルボックスです。特にポリプロピレンケース…家にどれだけあるのーꉂ (๑¯ਊ¯)σ

先日、キッチンのパントリーの棚を入れ替えをした際、使わなくなったポリプロピレンケースをこちらのクローゼットに移し、クローゼットの中も一部入れ替え実施しました。

書類はファイルボックスに収納。

引き出しには、母子手帳、ハガキ、レターセット、薬、工具など。

一番下はコード類やガムテープ、トイレ周りのストックなど。(トイレが目の前なのです)

 

スポンサーリンク

 

収納のルール

まだまだ改善の余地がたくさんあるのですが、一応ルールを決めています↓

①定位置を決める

②ものを増やさない

③ものの一時置き引き出しを作る

①…ものの定位置を決める=住所を決めることで、取り出す時、しまう時、迷ったり考えたりせずに出し入れできます。

②…引き出しにしても、ファイルボックスにしても、余裕を持たせる&入りきるだけの量をキープすることがスッキリ収納の実現には欠かせないかなと思います。

ものが増えそうになったら見直し、古いものを捨てるなどして増やさない。

書類などは溜まりがちなので、特に見直しが必要です。

書類の収納についてはまたこんど…(*´ェ`*)

③…すぐに片付けられない時もあるので、そんな時は一時置き用の引き出しへ。とりあえずしまって時間がある時に片付けます。

保育園で買った写真や、いただいた写真など、すぐにアルバムにしまえなかったりするので、そんな時は一旦この中へ。

ラベリングの必要性

自分で収納場所を決めているので、私はもちろん何がどこにあるのか把握していますが、私以外(というか夫)は、ほぼ把握していないです。そして覚える気もなさそう(-∀-`;)

なので、「どこだっけ?」「どこにある?」ってすぐ聞いてきます(´-`)

しまってあるのは家族の共有のものだから、誰が見てもすぐにわかる状態が望ましい。

そのためにはラベリングが必須です!

(๑•̀ㅂ•́)و✧

今は中途半端な状態なので、今回クローゼットの中身を再整理したこともあり、ラベリングも新しくしようと思っています。

その様子はまた続きで…(*´˘`*)♡

*

 

本日もお読みいただきありがとうございました☺︎

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。