夏に重宝!保冷剤一体型ランチボックス

こんにちは。

梅雨が明けて、猛暑が続いています。

今年も夏休みと同時に「お弁当作り」が加わりました。

普段から作り慣れていないから、朝はあたふたです(´∀`;A

長期休暇の時期になると、冷凍食品を買い込み、お弁当を作っていたのですが、ある時、長男が冷凍庫の中を見ながら、

「お母さんのお弁当いつも美味しいな〜って思ってたら、全部冷凍食品やないかーーい!!」

と。(^◇^;)

その言い回しに笑ってしまいましたが、ちょっとドキッとしました。

確かに冷凍食品は美味しい!けど、段々とそればっかりになっていたことに気づいて。

全てを手作りとはなかなかいかないけど、冷凍食品に頼り過ぎていたことも事実。

もう少し頑張ろう(๑•̀ㅂ•́)و✧

そう心に決めたのでした。

スポンサーリンク

フタと保冷剤が一緒になったランチボックス

夏の暑い日など、ご飯やおかずが傷まないか心配。でも長男が通っている学童クラブでは仕出し弁当などもないので、お弁当を持って行かないといけない。

そんな時、フタが保冷剤になっている弁当箱なるものがあることを知り、使ってみることにしました。

ゴム付き。

形もシンプルでいい感じ♪

フタの内部には保冷剤が内蔵されています。

ジェルクール

一番右がフタ。保冷剤が内蔵されています!

フタだけ冷凍庫で一晩凍らせればOK。

そしてフタをするだけ(*•ω•*人)

これは500mlサイズで、フタにはパッキンは付属されておらず、内ブタがついています。

保冷剤付き弁当箱

サイズ違いで揃えました。上2つは留め具付き。

上から、

スクエアS  220ml

スクエアL  400ml

スクエアSG  500ml

スクエアSはフルーツにちょうど良いです。

これだと食後のフルーツを冷たくいただけるのでうれしい♪

スクエアLは園児にちょうどいいサイズかと思います。わが家の次男(年中)はこちらを使用(*´˘`*)

スクエアSGは、2年生の長男と私で共用しています。(長男は去年はスクエアL〈400ml〉を使っていましたが、これだと量が少ないということで途中からスクエアSG〈500ml〉を使っています)

スポンサーリンク

お弁当箱グッズ置き場所

毎日使うお弁当グッズの置き場所を作りました。

パントリーのオープンスペースの一箇所に、

カゴを置いて、その中に、

お弁当グッズをまとめて収納。

ランチボックスと保冷バッグ、そして私のマグボトル…

子どものマグボトルは1Lのもので大きいので、側に立てて置いています。(この暑さで1Lが毎日空っぽになって返ってきます)

すぐ出し入れできるカゴは見た目もよく本当に便利な収納グッズです♪

 

お弁当作りは、早起きも必要で、なかなか大変だけど、お弁当を楽しみにしてくれている息子のためにもうしばらくがんばります!

(๑•̀ㅂ•́)و✧

*

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。