浴室の鏡のウロコ汚れを取る!119水垢・ウロコ取りジェルとすごい鏡磨き

浴室 鏡

こんにちは。

お風呂の鏡のウロコ状の汚れがすごく目立つようになってしまい、どうにかしたい!と色々試して、やーっときれいに落たせたので、その方法を書きたいと思います(´∀`*)

スポンサーリンク

before

まずは浴室の鏡、前の状態。

浴室鏡 ウロコ汚れ

白いウロコ状の汚れがビッシリ。これは酷いですねー(ノ_-;)

お風呂洗剤とスポンジで洗って、一見きれいになったと錯覚するけど、乾くとまた白いウロコ汚れが浮き出てくるんですよね…。(´Д`|||)

 

試したけどダメだったもの

クエン酸スプレー

水垢汚れといえばクエン酸!なので、まず試したのがクエン酸スプレー。

鏡にクエン酸スプレーを吹きかけてしばらく置き、スポンジで擦ってみたけどウロコは取れず。(少しは取れているのかもしれないけど、見た目は変わらず)

クエン酸でも落ちないくらい頑固な汚れのようです。

 

119水垢・ウロコ取りジェル(お試し)

次は、専用の洗剤に頼ることに。

お試しで買ってみました。

お試しサイズを購入。

業務用洗剤向けに作られたとのことでかなり期待。

ジェルを鏡に塗り3〜5分放置。その後は、スポンジかダイヤモンドパットで擦るとのこと。

専用のダイヤモンドパットを使うのをおすすめしていますが、スポンジでもいけるかな?と思い、ダイヤモンドパットではなく、とりあえず手持ちのスポンジを使いました。

が、白ウロコは取れず。

専用ジェルだけでは落ちなかったです。やはりダイヤモンドパットが必要かも⁈

スポンサーリンク

これで落ちた!119水垢・ウロコ取りジェル&すごい鏡磨きストロング

色々試して、やはり専用の洗剤を使っても、普通のスポンジだけでは取れないほどの頑固な白ウロコだということがわかりました(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

そして試してみたのがこちら。

119水垢・ウロコ取りジェル すごい鏡磨きストロング

119水垢・ウロコ取りジェル(お試しサイズ)とすごい鏡磨きストロング

ジェルは余りを使用。

「スコッチ・ブライト バスシャイン すごい鏡磨きストロング」は、ちょうど洗剤類をまとめてネット注文しようとした時に見つけたので、ポチッとしてみました。

ホルダー(本体)に特殊微細ダイヤモンドシートを貼って使います。

鏡にウロコ取りジェルを塗り、「すごい鏡磨き」で軽く擦る。

少しざらっという感触があるので、その感触がなくなるまで優しく磨きます。

こちらが磨いて、流して、を3回繰り返したあと↓

だいぶ取れてる!!

うっすらウロコが見えますが、うっすらになりました。

今まであんなに頑固にこびりついていた白いウロコ汚れが、確実に消えています(*•ω•*人)

手応えがあったのは初めて。

これは期待できます。

そして、さらに3回繰り返したあと↓

浴室鏡 ウロコ汚れ

若干まだ取れていないところはありますが、ほぼほぼきれいになりました!

すごい鏡磨きすごい٩( ‘ω’ )و

最後の方はジェルがなくなってしまったので、水で濡らして擦りました。

すごい鏡磨きは、擦る面が広いのでそれもよかったです。

ただ、やはり一度だけでは落ちず、鏡を傷つけないよう優しく擦って、流して、を何度か繰り返したので、それなりに労力は費やしました。

でも、元々が蓄積された汚れだったので、今回きれいにしたことで、次からは気になったらすぐにすごい鏡磨きで擦るようにすれば、ピカピカを保てる気がします。

しばらくそんな感じで掃除していきたいと思います。

「119水垢・ウロコ取りジェル」は、ダイヤモンドパットとの併用で力を発揮することがわかりました。

しばらくは「すごい鏡磨き」のみで様子をみて、汚れが酷くなってきたら、お試しじゃない「119水垢・ウロコ取りジェル」を購入しようと思っています!

 

ちなみに、「すごい鏡磨き」は取り替え用のシートが発売されていますが、「すごい鏡磨きストロング」の方は取り替え用シートはないようです。

なぜなら、「すごい鏡磨きストロング」の使い方としては頑固な汚れを落とす用で、一度頑固汚れを落とした後は「すごい鏡磨き」を使っていくみたいです。

 

とにかく浴室の鏡がきれいになってよかった!!

浴室 鏡

ピカピカ˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

 

この状態をキープしていきたい!

スポンサーリンク

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。