電気ケトルを買い替え!ブルーノ(BRUNO)ステンレスデイリーケトルにしました

ブルーノ 電気ケトル ステンレスデイリーケトル

こんにちは。

年末年始の休みがあっという間に過ぎ去り、現実に引き戻されています…(*゚ェ゚*)ハァ〜。

 

さて。わが家の電気ケトル、ずっとティファールを使っていたのですが、ついに故障⁇沸騰しても自動で止まらなくなってしまい、さらには茶こし(?)がいつのまにかなくなっているという事態…(-。-;

お湯を注ぐ時にダラダラ垂れるし(茶こしがないせい⁇)、沸騰しているのに反応しないのはやはりキケンなので、とうとう買い替えることにしました。

スポンサーリンク

 

ブルーノ(BRUNO)ステンレスデイリーケトルに替えた理由

BRUNOとは
株式会社イデアインターナショナルが手がけるライフスタイルブランドです

ということで、わが家にやってきたブルーノの電気ケトル。

ブルーノ 電気ケトル ステンレスデイリーケトル

BRUNOステンレスデイリーケトル ホワイトにしました。

キリがいいので、2021年1月1日から使い始めました(*•ω•*人)

思ったよりコンパクトで、形もシンプル。

ステンレス製で最大容量は1.0Lです。

電気ケトルは毎朝緑茶をいれるのに使うのと、ルイボスティーを煮出す用にお湯を沸かすのと、コーヒーをいれる時に使うので、使用頻度は高め。

電気ケトルは、毎日使うなくてはならないものです。

今回買い替えるにあたり、新しいものに求める条件はコチラ↓でした。

①容量1.0L以上

②コーヒーをいれやすい細い注ぎ口

③シンプルな見た目でかさばらない

これを満たしたのがブルーノのステンレスデイリーケトルだったので、決めました!(*´ェ`*)

オシャレな電気ケトルに惹かれたりもしましたが(バルミューダとか♡)。

でも!やはり容量1.0L以上というのは譲れない条件なんですよね〜(^◇^;)

なぜなら、毎日使っているイワキの耐熱ガラスのジャグの容量がちょうど1.0L。

ルイボスティーのティーバッグを入れて熱湯を注いで軽く煮出して(煮出すって言うのかな?)飲んでいます。

あと、小さいサイズのカップラーメンを食べる時も、1.0Lあれば2人分お湯を沸かせる。。

最近買ったミヤコの急須も0.75L入るのに、電気ケトルが0.7Lしか入らなかったら何だかさみしい…笑

というわけで、オシャレで見た目がすごく好みのバルミューダも却下となりましたσ^_^;

無駄のないデザインがステキ♡

容量がもっとあれば即決だったかも。

これも珍しい見た目でかわいい。容量は0.6L。

7段階の温度調節ができる優れもの。

そして、最後まで悩んだものがこちら↓

容量1.0Lで、温度調節と保温が可能。

仕様や機能は申し分ないけど、よりシンプルな見た目のブルーノにしました。

スポンサーリンク

 

ブルーノ(BRUNO)ステンレスデイリーケトルの仕様と使い心地

ステンレスデイリーケトルの作りはとてもシンプルですが、使い心地はとてもいいです(▰˘◡˘▰)

ブルーノ 電気ケトル

蓋のつまみとハンドルはポリプロピレン。

琺瑯のような見た目だけど、ステンレス製です。

“BRUNO”のエンボス加工がアクセント。

スイッチもシンプル!ONにしたい時にツマミを下ろすだけ。スイッチが入るとオレンジのランプがつきます。

沸騰後は自動でOFFになる仕様で、空焚き防止機能付きです。

シンプルゆえ、温度調節はできません。

また、ひとつの条件だった「細い注ぎ口」ですが、狙ったところに注げてgood!

コーヒーの画像じゃなくてすみません 笑。

以前に使っていたティファールの電気ケトルより細身なので、キッチンでもスッキリです。

ホワイトを選んでよかった!

はじめ、空のケトルを電源ベースに置いたら、少しカタカタとして不安定?という感じでしたが、水を入れたケトルを置くと、重みからか?カタカタいうこともなく、安定しています。

使い心地も見た目も気に入っているステンレスデイリーケトルですが、ひとつだけ惜しい点がありました。

それは、「コードが短い」という点です。

コードの長さは0.7m。コンセントからギリギリでした。

コードが見えないけど、裏でピーンと張っています^^;

 

コードは少し短めでしたが^^;、

BRUNOステンレスデイリーケトル、買ってよかったです♪

BRUNO(ブルーノ)公式オンラインショップはこちらから♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございました⑅◡̈*

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

北欧インテリアが好き。無印が好き。 息子2人の育児と仕事と家事に追われバタバタな毎日ですが、 シンプル&心地よい暮らしをめざして日々模索中です。